個人型確定拠出年金『イデコ』

年収400万なら、個人型確定拠出年金(イデコ)で100万円以上の節税は確実!

こんにちは、共働き主婦のしゃちるです

仕事やめて、専業主婦になりたい!って思うことありますが、夫から「働けるうちは働いてや~」って言われています

今のところ、働けるうちは働く覚悟です(泣)

けれどたまに仕事したくない病にかかるので、個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の節税金額を確認して気持ちをおちつかせています

今日は私の働くモチベーションアップ方法、イデコ節税金額についてまとめます

iDeCo(イデコ)は、年収400万なら100万円以上の利益は確定!

イデコはどのくらい節税になるか?

あらためて確認すると、仕事のモチベーションがあがります

イデコの節税金額を確認するために、楽天証券の節税シュミレーションを使ってみましょう

めちゃくちゃ簡単に、いくら節税になるのか計算できるんです

私:年収400万円、毎月23000円×28年積立の場合

1年間で41400の節税になるので…

累計節税金額は115万円

なんと、節税金額だけで100万円以上になります

年収や拠出年数、拠出金額によって節税金額はかわるんです

すごく簡単にわかるので、よかったら節税金額を確認してみてくださいね

楽天証券の節税シュミレーションはこちらから

給料があがらない主婦ほど、iDeCo(イデコ)がおススメな理由

私は正社員で働いていて、今年の昇給額はたったの2100円!

昇給しない年もあり、年を重ねてもほぼ年収はかわりません

ただ、夫の扶養に入らずに働き続け、毎月23000円イデコの積立を続けるだけで115万円が戻ってくるならうれしい~って思っちゃいます

今のところ働き続ける覚悟だけど、年収が高くない私にとってiDeCo(イデコ)の節税金額はとてもありがたい収入です

iDeCo(イデコ)は、運用益非課税メリットでさらに資産がふえる

私のiDeCo(イデコ)は投資信託で積立しています

2018年7月23日現在の評価額をご覧ください

合計391000円積立済で、現在426039円の時価評価額となっております

手数料分をひいても…

評価損益 +40591円 運用利回り 12.9

あわせて読みたい
積立中の投資信託銘柄をガチ公開!債券を購入しない理由まわりに投資をしている人がいないので「リアルに投資のことを話してくれる人」って本当に貴重です どなたかの参考になればと思い、私の積...

iDeCo(イデコ)は運用益非課税

すなわち、『プラスになった分は、ぜーんぶ自分の取り分♪』というすばらしいメリットがあります

節税金額115万円だけじゃなくて、投資信託がプラスになればなるほど自分の資産をふやすことができるんです

iDeCo(イデコ)に注意が必要なのは、投資信託はリスクがあること

今は相場環境がいいこともあり、積立している投資信託はプラスになっています

ただ私は過去に、たった2週間で利益がマイナスになったこともあります

iDeCo(イデコ)の積立が終わる60歳近くに大暴落がおきたら、投資信託はマイナスになる可能性があります

そのため、私は定期的にスイッチングをしてiDeCo(イデコ)の資産を守っています

あわせて読みたい
【スマホ1つで簡単】楽天証券のイデコをスイッチングをして、将来の年金をふやそうこんにちは、共働きOLのしゃちるですヾ(@°▽°@)ノ 私は2017年1月~個人型確定拠出年金(イデコ)を続けていて、イデコの積み...

投資はどうしてもこわいという方は、定期預金でiDeCo(イデコ)をやることもオススメですよ

あわせて読みたい
銀行よりお得に定期預金ができるのは、個人型確定拠出年金(イデコ)お金を貯めるには、節約するだけですか? 支出を減らす節約よりも、収入を増やすこと 収入を増やすだけじゃなくて、節税をする...

iDeCo(イデコ)には手数料がかかります

こんなにおいしい話だけじゃなくデメリットもあって、イデコには手数料がかかります

手数料が最安である楽天証券で、イデコを毎月積立する場合年間2004円の手数料です

年間2004円×28年間=56112円

手数料が最安である楽天証券でさえ、iDeCo(イデコ)を60歳まで毎月拠出を続けるだけで56112円かかることは確実です

iDeCo(イデコ)の手数料を半額以下にする裏技はこちらを読んでくださいね↓

あわせて読みたい
個人型確定拠出年金(iDeCo)の拠出は年2回がオススメ、変更書類の書き方2018年度から個人型確定拠出年金(iDeCo イデコ)の拠出が、『月払い』→『年単位拠出』への変更可能となりました iDeCo(...

iDeCo(イデコ)の節税金額ー手数料=100万円以上

私、年収400万円、32歳の場合

働きながらiDeCo(イデコ)を続けるだけで、115万円の節税は確実です

手数料は56000円かかりますが…

節税金額115万円ー手数料56000円=100万円以上

投資信託の利益がでたらさらに利益UPですから、働くモチベーションがあがりますよね~

女性の働き方、iDeCo(イデコ)の節税金額を確認して考えよう

60歳まで働き続けると仮定した場合、私のiDeCo(イデコ)の節税金額は115万円

手数料をひいても、100万円以上は確実にプラスになります

投資信託で大損をしない限り、給料が高くない私にとって、収入がプラスになるiDeCo(イデコ)は働くモチベーションをアップしてくれています

仕事をやめようか悩んでいる方、どうしてもツライときは仕事をやめる選択肢は大切です

働くモチベーションをアップさせたい方は、イデコの節税金額を確認してくださいね

イデコの節税シュミレーションはこちらから

私のiDeCo(イデコ)は、楽天証券です


ABOUT ME
しゃちる
しゃちる
32歳、共働き、地味女。社会人1年目貯金0から、手取り17万円で貯金1000万円達成。平凡で普通の主婦の私が、『株・投資信託、イデコ』をほどほどに使い倒していく過程を紹介中。同年代の女性に読んでほしい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です