結婚後の働き方

年金いくら?独身vs専業主婦vs共働き【世帯年収別の金額まとめ】

こんにちは、共働き主婦のしゃちるです

少子高齢化が進み、平均寿命が長くなるため、〈将来年金がもらえない?!〉とささやかれていますよね

年金支給開始年齢が上がったり、年金額は下がったりする可能性は高いですが…

年金0はなく、年金はもらえると思っています

独身なら?専業主婦なら?共働きなら?年金っていくらもらえるの?!

専業主婦家庭と共働き家庭では、年金1000万円以上の差が生じるんです

世帯年収別に年金がいくら年金がもらえるかまとめます

年金満額もらえる場合の金額まとめ

年金は、国民年金(基礎年金)、厚生年金、共済年金の3つがあります

国民年金(基礎年金)満額

国民年金額は、1人年額77万9300円

月にすると6万4941円なので、心もとない金額ですね…

夫婦2人なら12万9882円になります

厚生年金満額

年収(収入)によって金額はかわります

夫年収500万円、妻専業主婦の場合、月約22万円もらえますよ~

正確に年金の金額を知りたいならば…

年1回送られてくる年金定期便をみたり、ねんきんネットにアクセスしてみてくださいね

年金満額もらう条件は、40年間の加入が必要

気を付けないといけないのは…

年金満額もらえない人が多いのが現状です

国民年金は、最大40年間加入できます

年金満額もらう条件は、40年間加入していること

私は大学時代、学生年金納付特例制度を利用し、払うべき年金を後まわしにしました

そして、猶予期間の10年の間に追納するか悩み、結局支払っていません

自業自得なのですが、4万円(2018年度価額)ほど年金がへってしまいます

世帯年収別!30年後にもらえる推定年金額

悲しいことに、今後年金が減る可能性があります…

プロが推計した2050年の段階でもらえる年金月額はこちらです

*注*あくまでも大体の金額、65歳から受給できる計算です

年収300万、500万~独身の年金額~

フリーランスや正社員で、年収300万、500万を仮定した場合

フリーランス(基礎年金のみ)の場合

平均年収 300万 → 年金毎月4万

正社員の場合

平均年収 500万 → 年金毎月10~13万

平均年収 300万 → 年金毎月8~10万

夫婦年収合計600万、800万~共働きの年金額~

妻が専業主婦もしくは扶養内で働いているかどうか?!でもらえる年金額がかわります

妻の年収が200万円増えると、毎月4万円もらえる年金が増える可能性があります

夫:正社員、妻:専業主婦もしくはパート

夫:平均年収 500万、妻:平均年収 0~103万 → 2人で年金毎月14~17万

夫婦とも正社員

夫:平均年収 500万、妻:平均年収 300万 → 2人で年金毎月18~23万

年金は、年収が多いほどたくさんもらえる

年金の受給資格は10年社会保険を支払っていればオッケーです

そのため、ほとんどの方が年金受給資格を得られ、年金がもらえます

ただ、10年はあくまで年金がもらえる資格が得られるかどうかであって…

実際にもらえる金額は納付期間や金額に応じます

そのため、年収が多く、ながーく働いた人は、その分国に納めているので、年金という形で恩恵を受けられます(自営業、フリーランスは除く)

繰り下げ受給で、年金アップ

年金の支給は、基本的に65歳以上ですが…

繰り下げ受給」や「繰り上げ受給」といった年金のもらい方によって、毎月もらえる年金金額やトータルでもらえる年金金額が違います

繰り下げ受給とは

年金の支給開始時期を遅らせると、毎月の年金額を上乗せされるというもの

1カ月繰り下げると、0.7%ずつ年金額が加算され、満期の70歳から年金をもらうと42%増額される

繰り上げ受給とは

年金支給開始時期を早めると、毎月の年金額が減るというもの

1カ月繰り上げると、0.5%減額され、最大60歳から年金をもらうと30%減額となる

「繰り下げ受給」と「繰り上げ受給」はどちらがお得なの?

損益分岐年齢があるので、参考にどうぞ~

70歳まで繰り下げ受給した場合

→82歳以上長生きすればトク、これより短命ならばソン

60歳から繰り上げ受給した場合

→77歳が損益分岐年齢になります

私の家族は、63歳の時大病が発覚し、63歳から繰り上げ受給を選択しました

繰り下げ受給や繰り下げ受給は、年度の途中でも月単位で申請できます

ただ、一度申請したら変更はできません

寿命は人それぞれなので、どちらを選択するかは難しいですよね

お金は多くもらえた方がいいので、寿命が長くないとわかった時以外は、繰り上げ受給は最終兵器としてとっておいた方が安心だと思います

女性(主婦)の働き方問題~年金から考える~

第3号被保険者(専業主婦、パート・アルバイトで扶養内で働いている方)は、保険料負担がありません

10年未満の会社員として働き結婚し、それ以降は専業主婦、扶養内で働いていた場合、国民年金しかもらえません

将来もらえる年金は、満額で年額77万9千円

私のように免除申請を行い、追納していない場合、さらに少なくなります(泣)

年金支給開始年齢から20年生きると仮定すると…

年収300万円の共働き家庭と比較して、専業主婦・扶養内で働いている家庭は、もらえる年金額が年間48~60万円ほどちがいます

48~60万円×20年=約1000万円の差

事情があって働けない方もいますし、絶対共働きするべきとはいえません

けれど、もらえる年金が1000万円違うってわかると、働くモチベーションが上がりますよね

配偶者控除や旦那様の会社から扶養手当ががもらえるから、専業主婦もしくは扶養内パートの方、手当総額と年金の差を考えてみてください

夫年収500万円の場合、妻の配偶者控除金額は約7万円/年になります

7万円+扶養手当3.5万円以上×12ヵ月>48万円

扶養手当が3.5万円以上/月あると、共働きのメリットが少ないかもしれませんね

共働きだと節約が難しくて、出費がかさむ可能性が高いので、どちらがより多くのお金がもらえるのか?!

共働きで推定されるデメリットを考慮して、働ける環境があるなら、働くことを選択肢のひとつにどうですか?

たくさんバリバリ働く必要はなく、年収300万円、手取り月20万円を目指すと年金額が年間48~60万円アップです

さらに、働きながら個人型確定拠出年金(イデコ)をはじめたら、メリット倍増!

あわせて読みたい
年収400万なら、個人型確定拠出年金(イデコ)で100万円以上の節税は確実!こんにちは、共働き主婦のしゃちるです 仕事やめて、専業主婦になりたい!って思うことありますが、夫から「働けるうちは働いてや~」って...

仕事×家事×育児で大変な時はあると思いますが…

年金支給額×イデコの節税=1000万円+α以上の差となるので、共働きのメリットは大きいです

我が家が今後も貯金を増やすために、働けるうちは共働き必須です

年金額を知ることは老後の備えだけじゃなく、結婚後の働き方を考えるいいキッカケにになりますよ~(*´∇`)ノ

created by Rinker
¥896
(2018/11/18 02:16:11時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
しゃちる
しゃちる
32歳、共働き、地味女。社会人1年目貯金0から、手取り17万円で貯金1000万円達成。平凡で普通の主婦の私が、『株・投資信託、イデコ』をほどほどに使い倒していく過程を紹介中。同年代の女性に読んでほしい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です