お金管理

<ふえる夫婦別財布>先取り貯金30%でお金がたまる仕組みつくり

共働きの間で、夫婦別財布の家庭ってふえていますよね

我が家も30代フルタイム共働きで、夫婦別財布です

「お財布をひとつにするのがお金をためる鉄則」の時代はおわりました

ストレスフリーで簡単に続けている『我が家の家計管理』についてまとめます

ふえる夫婦別財布!夫のお給料だけで生活はウソ?!

我が家の家計管理は『給料の30%を先取り貯金』死守

これだけ守ればおわりです

あとは、生活費の分担がきまっている夫婦別財布です

〈生活費の分担〉

夫→家賃・駐車場代、光熱費、車関連費、NHK

妻(私)→食費、外食代、雑費

お財布は夫婦でひとつで、袋分け、項目ごとに積立…

毎月キチっと家計管理されている方にあこがれていました

実践していた時期もありましたが、すぐに挫折

共働きでも、将来一馬力になる可能性があるから『夫のお給料だけで生活しなきゃいけない』って頭ではわかります

けれど、今は共働きなのにそこまでしなきゃいけないの?と疑問が生じました

ライフプランによって必要な貯金額ってかわりますし、貯金ができていたら夫婦別財布でも問題ないですよね

共働きは続く節約をやることが大切

将来のために、貯金をしなきゃいけないのはわかります

年金少ないですから(泣)

あわせて読みたい
年金いくら?独身vs専業主婦vs共働き【世帯年収別の金額まとめ】こんにちは、共働き主婦のしゃちるです 少子高齢化が進み、平均寿命が長くなるため、〈将来年金がもらえない?!〉とささやかれていますよ...

ただ、共働きは仕事に家事に…

と時間に追われることもあって大変ですよね

『働きやすい環境つくり』のために節約!節約!!はやめることにしています

具体的には…

電化製品のコンセントは基本的にさしっぱなし

だけど、待機電力の高いガス給湯器や冬のエアコンだけこまめにオフ

待機電力の高いモノだけオフにするので、節約効果が大きいのにストレスがたまりません

小さな節約の積み重ねが大変なので、節約効果の大きいことのみ実践中です

他にも…

仕事のワイシャツはクリーニングを利用しています

お金の節約は大切ですが、共働きだとお金よりも時間の節約も大切ですよね

将来一馬力になったときに節約をがんばって家計を見直すことにします

今は『共働き夫婦のズボラ家事』を継続中です

家計簿よりも、お金のたまる仕組みつくりが大切

共働き夫婦は、一馬力よりも必然的に収入は多くなります

そのため、必要なのは…

キチっとした家計管理じゃなく、お金の貯まる仕組みつくり

我が家が死守しているのは、我が家の家計管理は『給料の30%を先取り貯金』だけ

きちんと先取り貯金できているならば、家計簿をつけなくても貯金は着実にふえていきます

貯金をふやすために積立貯金先を決めておく『先取り貯金』がポイントです

具体的には、現金だけじゃなく…

夫は持ち株会と企業型確定拠出年金のマッチング拠出

私は積立投資信託とiDeCo(イデコ)で先取り貯金をしています

あわせて読みたい
年収400万なら、個人型確定拠出年金(イデコ)で100万円以上の節税は確実!こんにちは、共働き主婦のしゃちるです 仕事やめて、専業主婦になりたい!って思うことありますが、夫から「働けるうちは働いてや~」って...

お給料の残りの金額は、貯金しても臨時出費に当ててもOK

ゆるゆるルールだから、ズボラな夫と私でも続いています

『原則』貯金は夫婦それぞれの口座で貯めること

夫は夫、私は私、各自の口座で先取り貯金をしています

夫婦どちらか一方の名義口座を共通口座として貯金をしている家庭をみかけますが、オススメできません

理由は簡単

税務署は、通帳のお金は『口座名義人』のお金と考えるから

突然、夫が亡くなった場合、すぐに妻が夫の通帳からお金を全額おろすことはできないんです

お葬式代など高額な支払いがあったら、妻名義の口座からお金をだすことになります

夫婦それぞれの口座で貯めていた方がなにかと安心です

家計管理は自分のストレスフリーをみつけること

我が家は夫婦ともにズボラで、予算分けや袋分けは続きませんでした

家計管理にはあうあわないがあるので正解はありません

我が家は『先取り貯金を給料の30%』を死守して家計管理は終わりです

自分にあった方法だから、ストレスフリーで貯金が続いています

ヨソはヨソ

自分にあった方法で、コツコツ貯金をためていきましょう


ABOUT ME
しゃちる
しゃちる
32歳、共働き、地味女。社会人1年目貯金0から、手取り17万円で貯金1000万円達成。平凡で普通の主婦の私が、『株・投資信託、イデコ』をほどほどに使い倒していく過程を紹介中。同年代の女性に読んでほしい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です