株式投資

楽天銀行『株式配当金受け取りプログラム』は端株も対象キャンペーン

楽天銀行の『株式配当金受け取りプログラム』というキャンペーンが地味においしいです

配当金を楽天銀行で受け取ると現金がもらえるんです

楽天銀行『株式配当金受け取りプログラム』のメリットと注意点をまとめます

楽天銀行『株式配当金受け取りプログラム』とは

楽天銀行で毎月開催されているキャンペーンです

株式の配当金を楽天銀行口座で受け取ると件数に応じてもれなく現金がもらえるんです

もらえる金額は、配当金の振込1回あたり10円

塵も積もれば…といいますから、お得なキャンペーンはぜひ活用していきたいですね

楽天銀行『株式配当金受け取りプログラム』は毎月エントリーが必要

このキャンペーンは、配当金受取口座を楽天銀行に指定

毎月楽天銀行からキャンペーンへエントリーすると、あとは配当金を受け取るごとに1件につき10円ずつもらえます

楽天証券以外、例えばSBI証券などで保有している株でも大丈夫です

楽天銀行で配当金を受け取る設定をしていれば『株式配当金受け取りプログラム』は有効です

楽天銀行を配当金の振込先にするには…

各ネット証券口座で『登録配当金受領口座方式』を選択し、楽天銀行口座を指定してくださいね

各ネット証券の口座管理ページなどで、配当金の受け取り方法は変更できます

こちらは1度設定したら、あとは何もしなくて大丈夫です

楽天銀行の『株式配当金受け取りプログラム』は毎月エントリーが必要なので、お忘れなく

楽天銀行『株式配当金受け取りプログラム』は端株(単元未満株)の配当金でも有効

『株式配当金受け取りプログラム』のスゴイところは、端株(単元未満株)の配当金でも1件につき10円もらえちゃうってところです

四半期ごと配当だと、年4回×10円=40円もらえます

楽天ポイントじゃなく、現金がもらえるところはポイント高いです

端株の手数料が、すぐに回収できちゃいますね

端株保有で株主優待がもらえる株もありますよ↓

あわせて読みたい
激安!主婦にオススメの株主優待2選『単元未満株』でも優待がもらえます知って得する株主優待! なんと単元未満株、1株や10株だけの保有で株主優待品がもらえる企業があるんです 主婦にオススメの単元...

注意(デメリット)!楽天銀行『株式配当金受け取りプログラム』はNISAの配当金非課税との併用はできない

注意点があります

NISAで株を購入している人は、このキャンペーンは利用しない方がいいです

理由は簡単です

株の購入に一般NISAをつかっている方は、配当金の受け取り方法を銀行振込(登録配当金受領口座方式)にすると、配当金は非課税の対象となりません

『株式数比例配分方式』じゃないと、配当金非課税にならないからです

NISAのメリットである配当金非課税は、『株式配当金受け取りプログラム』は併用できないんです

「10円vs配当金非課税」どちらを選択すればいいのかは一目瞭然ですよね

NISAで株を保有している人は、配当金の受取方法は『株式数比例配分方式』を選択してくださいね

アホな私はキャンペーンの10円をもらうために、NISAで購入した株の配当金で税金とられた過去があります(泣)

NISAで使っているネット証券だけ『株式数比例配分方式』にして、他のネット証券を楽天銀行受取にはできません

つみたてNISAとの相性◎楽天銀行の『株式配当金受け取りプログラム』を利用しよう

楽天銀行の『株式配当金受け取りプログラム』がオススメなのは株を保有していて、なおかつ下記に当てはまる人です

つみたてNISAを利用している

一般NISAで、投資信託もしくはETFを購入している

NISAをつかっていない

楽天銀行の『株式配当金受け取りプログラム』は、現金がもらえるおいしいキャンペーンです

1回10円ですが、端株にも適応されるので持ち株が多い人にはオススメです

コツコツと大切なお金を育てていきましょう

楽天銀行『株式配当金受け取りプログラム』を利用するには、楽天銀行の口座開設+毎月エントリーが必要です
楽天銀行 口座開設はこちらから

あわせて読みたい
投資初心者が株を買うタイミングとコツ!買いあせらないことが大切株取引でやった失敗談! ナンピン地獄(=保有している株の価格が下がったときに買い増し、含み損が拡大したこと)があります 私の...
ABOUT ME
しゃちる
しゃちる
30代前半、共働き、地味女。社会人1年目貯金0から、手取り17万円で貯金1000万円達成。平凡で普通の主婦の私が、『投資と節約』をほどほどに使い倒していく過程を紹介中。同年代の女性に読んでほしい!